« 三浦半島公園構想 シンポ  | トップページ | 毎日新聞 社会 事件 人 話題 »

中野振一郎 リサイタル 「三浦一族記異聞」

横須賀芸術劇場 リサイタル・シリーズ13

       中野振一郎 & コレギウム・ムジクム・テレマン(バロック室内楽)

2007年4月14日(土) 15:00 開演
音楽絵巻 「三浦一族記異聞」 ~海の果て…夢はるかなり~
                                       講談 旭堂南左衛門
                                       作家 中野順哉 
<プログラム ノートより>
「音楽絵巻」とは、その土地のゆかりの物語を題材にしたストーリーの中に、様々なバロック音楽の名曲が盛り込まれる…話芸と音楽の新しい出会いです。
 横須賀ゆかりのお話といえば、古代の伝説から日本海海戦に至るまで多岐にわたっておりますが、今回、スポットを当てさせていただいたのは、三浦一族。
 我々、他府県の人間にとって三浦一族とは、「鎌倉時代の覇者」というイメージしかすぎなかったのですが、横須賀に来て御話を伺ってみると、驚きの連続。その驚きを、そのままベースに一連の物語をつづってみましたので、ご期待下さい。
 また安池尋幸先生、鈴木かほる先生、山本詔一先生には、取材及び台本作成の上でも、ご指導、ご協力を頂き、本当にお世話になりました。この場をお借りして、御礼を申し上げたく思います。ありがとうございました。

 さて、この物語は、まず、己の命と引き換えに三浦家の繁栄をもたらした三浦大介義明という人物の話から始まります。その後、彼を引き継いだ義澄、義村、泰村という三浦家の惣領が主人公となって、物語は展開してゆくのですが… 以下略。   中野順哉 (台本作成)

« 三浦半島公園構想 シンポ  | トップページ | 毎日新聞 社会 事件 人 話題 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中野振一郎 リサイタル 「三浦一族記異聞」:

« 三浦半島公園構想 シンポ  | トップページ | 毎日新聞 社会 事件 人 話題 »