« BSフジ「発掘!歴史に秘めた恋物語」オンエア | トップページ | 向井将監について  »

読売カルチャー 坂本龍馬が愛した女たち…「罪な男」ぶり明らかに

坂本龍馬が愛した女たち…「罪な男」ぶり明らかに
BSフジ「発掘!歴史に秘めた恋物語 坂本龍馬が愛した女たち」

    広く敬愛され、熱烈なファンを持つ坂本龍馬。時代を動かした幕末の志士の実像を、女性との関わりから読み解く「発掘!歴史に秘めた恋物語 坂本龍馬が愛した女たち」が12月1日午後10時、BSフジで2時間スペシャルとして放送される。
 天下国家のために奔走しながら、その場の勢いで美人にばかり求婚し、すぐにほったらかしにする龍馬の「罪な男」ぶりなどもあぶり出され、興味深い。  東京都墨田区の元料亭で11月19日に行われた収録では、司会の勝村政信=写真左端=や、内藤剛志=同左から2人目=らが、龍馬と深い縁があった女性のうち、誰が一番幸せだったかなどをテーマに盛り上がった。歴史研究家の鈴木かほる=同手前=は、龍馬の手紙や当事者の証言などを丹念に分析し、虚像を排したエピソードを披露した。
 取り上げた主な女性は4人。姉の乙女は、幼い頃から弱虫だったとされる龍馬をスパルタ教育で鍛え上げたことで有名だが、乙女がこれほど武術や学問、芸術に秀でていたとは驚きだ。龍馬を最も形作った女性と言ってもいいだろう。
 このほか、幼なじみの初恋相手や、音信不通の憂き目にあった婚約者、日本初とも言われる新婚旅行を楽しんだ妻のお龍などが登場する。  収録後、勝村は「今の時代から考えると、龍馬のやってきたことは、女性に対して『ちょっとひどすぎるんじゃないか』と思う。だが、何かを成した人はふさわしいパートナーがいて、皆が運命を受け止めている気がする」と話した。
 番組ではこれまで、北条政子と源頼朝や、竹久夢二、和泉式部の恋を取り上げてきた。男が主人公になりがちな歴史の中で、「女性を切り口にすることで新しい発見がある」と山田治宗チーフプロデューサーは狙いを話す。  勝村も「学校で習う二次元的な歴史が、番組で立体的に見えてくる。少し別角度の目線で歴史を見始めると、こんなに面白いんだと感じてほしい」と呼びかけた。  (岩城択)

« BSフジ「発掘!歴史に秘めた恋物語」オンエア | トップページ | 向井将監について  »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586454/60770478

この記事へのトラックバック一覧です: 読売カルチャー 坂本龍馬が愛した女たち…「罪な男」ぶり明らかに:

« BSフジ「発掘!歴史に秘めた恋物語」オンエア | トップページ | 向井将監について  »