« 講演 扇谷上杉氏と三浦時高 | トップページ | かねさは歴史の会・講演会 »

洋学史研究会7月例会

     洋学史研究会 七月例会(第266回)ご案内

日付 平成27年7月4日 (土曜日)

会場 青山学院大学青山キャンバス 総研ビル 9階 16会議室

開場 13時 (研究発表は13時30分より)

※会員以外の方は、受付で会場費500円をお支払いください。

「研究発表」

高橋 勇市氏   「清水卯三郎の語学力」

鈴木かほる氏  「幕末の向井将監の動向」 

★コメント★

高橋氏 : 卯三郎は万延元年(1860)に、「ゑんぎり志ことば」を自費出版している。この名作を中心に、彼のオランダ語や英語に向けられた造詣がいかほどのものであったか考えてみたい。

鈴木氏 : 異国船の渡来する中、幕府は向井将監に対し船手の調練を命じ、蝦夷地経営のため向井将監預りの政徳丸を厚岸に急派した。ペリー来航後は幕府船手役が廃止され、230余年の直轄軍としての歴史を閉じた。その後は?。   

« 講演 扇谷上杉氏と三浦時高 | トップページ | かねさは歴史の会・講演会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋学史研究会7月例会:

« 講演 扇谷上杉氏と三浦時高 | トップページ | かねさは歴史の会・講演会 »