« 『史料が語る向井水軍(将監)とその周辺』新潮社 | トップページ | 向井水軍まつり  講演会演題「持舟城と向正重」 »

鎌倉遺文研究会

次回例会案内 次回例会を下記の通り開催いたしますので、万障お繰り 合わせの上、ご参会の程、お願い申し上げます。

次回例会案内

次回例会を下記の通り開催いたしますので、万障お繰り
合わせの上、ご参会の程、お願い申し上げます。

*****************************************************
   鎌倉遺文研究会第216回例会の御案内

日時:2015年12月17日(木)18:00
場所:早稲田大学39号館6階第7会議室
報告者:鈴木かほる氏
題目:宮騒動の通説を見直す
        -宝治合戦・建長・弘長騒動まで-

    [報告者の一言]
 宮騒動は北条経時の卒去を機に、藤原頼経に心を寄せていた
名越光時が執権の座をねらった事件で「名越氏の政変」とも呼
ばれ、宝治合戦・建長騒動へと連関していった結果、摂家将軍
が追放され、北条時頼による得宗専制政治が確立し、宮将軍宗
尊親王の誕生へと繋がっていったとするのが通説的理解である。
 つまり先学では「宮」は宗尊親王とされ、宮騒動は名越氏の
政変と同じ事件として捉えられている。
しかし、この二つの事件は直結しているが別物である。また名
越氏が本当に執権職をねらったものであったのかも疑問である。
そこで、本報告では、未考証史料を加えながら「宮」の由来を
検証することにより、西園寺家や藤原道家・頼経父子と名越氏
・三浦氏の関係や動向を読み直し、一連の騒動の本質を追究し
てみたい。
*****************************************************

《事務局》〒162-8644
        東京都新宿区戸山1-24-1
        早稲田大学文学学術院海老澤研究室気付
        鎌倉遺文研究会
        〈e-mail〉ibun-ken-admin@list.waseda.jp

        ※入会希望の方は上記の事務局までハガキまたは
        メールにてお知らせ下さい。会費は3000円(ハガキに
        て例会通知を受け取りたい方は3500円)です。振り込
        み口座(貯金事務センター)は下記の通りです。
          〈00140-5-14681 加入者名:鎌倉遺文研究会〉

           《お問い合わせ》海老澤衷
                    〈e-mail〉ebisawa@waseda.jp

« 『史料が語る向井水軍(将監)とその周辺』新潮社 | トップページ | 向井水軍まつり  講演会演題「持舟城と向正重」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586454/62832919

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉遺文研究会:

« 『史料が語る向井水軍(将監)とその周辺』新潮社 | トップページ | 向井水軍まつり  講演会演題「持舟城と向正重」 »