« 「浦賀湊を世界文化遺産にする会」のサイト | トップページ

シンポジウム「家康と按針」ーマニラとアカプルコの間の浦賀ー基調講演 鈴木かほる

神奈川県横須賀市浦賀湊に、平成最後の「新名所」誕生!!

2018年4月より「浦賀湊を世界文化遺産にする会」のプロジェクトとして、国際貿易港浦賀の記念碑建立に向けて進めてきましたが、このたび多くの賛助金を頂き「日西墨比貿易港之碑」と題する碑を建立することになりました。除幕式は2019年4/25(木)10時より、東叶神社において行われます。  
 これに伴いまして、記念シンポジウム「家康と按針」を開催します。三浦按針を大河ドラマに!! 。お誘いあわせの上、お越しください。 

 Img217_2 建碑記念シンポジウム

  「家康と按針ーアカプルコとマニラの間の浦賀ー」 

   2019年4月6日(土)13時40分~16時30分 於横須賀ベイサイドポ ケット(京急汐入駅 前)         入 場無料 先着500名。

   鈴木かほる(基調講演)「マニラとアカプルコの間の浦賀」 

   岩淵聡文(コーデネーター)「多国間にまたがるユネスコ世界文化遺産」

   山田義裕「マニラ・ガレオン」

  1.   M. Perrin 「浦賀湊におけるスペイン駐留の物質的証拠」

« 「浦賀湊を世界文化遺産にする会」のサイト | トップページ