« 国際貿易港浦賀に建立された「日西墨比貿易港の碑」 | トップページ

江戸初期に栄えた国際貿易港浦賀に「日西墨比貿易港之碑」が建立されました(2019年4月25日)。

  2019年4月25日、横須賀市東浦賀須崎の東叶神社に国際貿易港の記念碑「日西墨比貿易港之碑」が建立され、多くの御参列を頂き除幕式が行われました。

謝 辞 

 本日は、国際貿易港の碑「日西墨比貿易之地碑」建設の、除幕式にあたりまして、このように多くの方々に御参列頂きまして、大変、嬉しく思います。恐らく国内において、平成最後のモニュメントとなったのではないでしょうか。

 建碑の由来を申し上げますと、浦賀湊は、徳川家康の鋭意によって、スペイン貿易港として開港され、大航海時代にマニラ・ガレオン船の寄港地として、重要な役割を果しました。浦賀地域の象徴である、ここ東叶神社において、御披露目することができますのも、歴史に御造詣の深い永井宮司様、並びに氏子会の方々の、深いご理解の賜物でございます。建碑にあたりましては、浦賀は本より、東京や静岡そして岡山県の方からも、御支援を頂きましたことに、改めて皆様の文化的意識の高さを実感した次第でございます。そして、この建碑の仕掛人は、藤本美智子氏であります事を、私から一言、御紹介に留めさせて頂きたいと思います。
 貿易港といえば、長崎の研究が主流であって、残念ながら浦賀が国際貿易港であったという史実は、周知されていないのが実状でございます。オランダとイギリスの貿易港は平戸でございます。ポルトガルは長崎です。スペインは浦賀でございます。町起こしの原点は観光であり、観光の源泉は歴史や文化でありますこの記念碑の建立は、横須賀市が提唱する「国際 海の手 文化都市」という、地域に根ざした町づくりとの連関において、観光資源としても、誠に意義深いものと考えております。 
 歴史研究には、終着点はありません。この記念碑の存在によって研究が進展し、浦賀が国際貿易港として認知され、海を越えて伝播していくことは確実でございます。徳川家康のお膝元である静岡市では現在、歴史博物館の建設を進めておられますが、そこに常設展示として、浦賀・スペイン外交のコーナー特別に設置するそうでございまして、私も協力を呼び掛けられております。
 いずれ浦賀も、長崎と並び生徒が学ぶべき外交史として、教科書に投影されることは、必定でございます。この記念碑の存在によって、内外の多くの人々が、浦賀を訪れて下さることを、発起人一同、期待致しております。

最後になりますが、僭越ながら本日、御参列の方々に心より感謝を申し上げますと共に、皆様の一層のご多幸を祈念いたしまして私の挨拶とさせて頂きます。本日は誠に有難うございました。

                    平成三一年四月二五日  日本海事史学会  鈴木かほる

 Photo_2
  碑文は以下の通りです。

          日西墨比貿易港之碑  

 Monument of Trade between SpainMexicoManila via Uraga

 慶長3(1598)、徳川家康はスペイン(西)領メキシコ()から新製錬技術を導入するため、スペイン領マニラ()からメキシコのアカプルコ港へ向かうスペイン商船(ガレオン船)を浦賀湊に寄港させるよう交渉した。そのため慶長5年に上陸した英人ウイリアム・アダムス(日本名・三浦按針)を顧問とし、江戸邸のほか三浦郡逸見村の采地と浦賀邸を与えた。三浦按針はマニラにも渡海し浦賀貿易再開のために尽力した。江戸・浦賀・静岡・伏見・大坂にはフランシスコ会修道院が創設され、浦賀洲崎にはスペイン人を保護する高札が立てられた。この浦賀貿易を管轄していたのが船奉行向井将監忠勝である。

浦賀湊には前フィリピン総督ロドリゴ・デ・ビベロ・イ・アベルサやメキシコ副王の使節セバスチャン・ビスカイノが訪れ、三浦按針建造のブエナ・ベントゥーラ号はロドリゴの帰国のために提供され浦賀を出帆し、幕府船として初めて太平洋航路横断を果した。伊達政宗の遣欧船サン・ファン・バウティスタ号もスペイン国王使節ディエゴ・デ・サンタ・カタリナを乗せ入港している。

三浦按針の母国との通商成立は来日から14年目であり、その3か月後の慶長1812月全国にバテレン追放令が公布された。元和2(1616)貿易港は長崎・平戸に限定され、三浦按針が平戸への移住を余儀なくされるまで、浦賀は長崎と並ぶ東国唯一の国際貿易港として重要な役割を果した。

 2019年4月吉日 建之

  建碑発起人  浦賀湊を世界文化遺産にする会

  撰   文   日本海事史学会 鈴木かほる

  建碑賛同人  東叶神社氏子会

         寄付者一同(裏面に記載)

 

00pg_1 02    

« 国際貿易港浦賀に建立された「日西墨比貿易港の碑」 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事