カテゴリー「文化・芸術」の記事

国際貿易港浦賀を世界遺産に 石碑建立の賛助者募集

 

    浦賀をユネスコ世界文化遺産に

 

 国際貿易港浦賀の建碑に関する趣意書

 

 

建碑の主旨

 

スペイン、メキシコ、フィリピンの3か国により、マニラ・ガレオン船の太平洋航路がユネスコ世界文化遺産候補にノミネートされました。その中継貿易港であった浦賀をリストに載せ、世界文化遺産へと繋げていくためには、スペイン貿易における浦賀の位置づけを周知させることが肝要であります。その史実の証となる碑を建立し、確実に浦賀に定着させ、内外に発信していくことが必須条件であると考えます。

 

国際貿易浦賀の実態

 

徳川家康はスペインと交渉し、スペイン商船の浦賀湊への入港を交渉しました。そのためイギリス人三浦按針を外交顧問とし、江戸邸のほか逸見村と浦賀邸を与えたのです。浦賀にはフランシスコ会修道院が建てられ、スペイン商人を保護する高札も立てられました。

 

三浦按針が家康のために造船したブエナ・ベントゥーラ号は、フィリピン総督を乗せて浦賀を出航し、幕府船として初めて太平洋航路横断を果しました。伊達政宗の遣欧船も浦賀に入港しています。三浦按針の来日から13年後、イギリスとの通商は成立しましたが、その3年後、貿易港は長崎・平戸に限られ、三浦按針は平戸へ移住し、東国唯一の貿易港浦賀の生命は絶たれました(日本海事史学会・鈴木かほる記)

 

 

20189月吉日

 

 

建碑賛同人代表 岩淵聡文 東京海洋大学大学院教授 

 

イコモス国際水中文化遺産委員会日本代表

 

 

 

 

本会の主旨に賛同し、建碑費用(150万円)の一部を御寄付くださる方は、1115日までに下記の口座にお振込み下さるようお願い申し上げます。13000円とし、10口以上は刻銘させて頂きます。(問合せ先 宮井新一 046-841-0944)

 

 

振込先

 

ゆうちょ銀行 〇九八店(ゼロキュウハチ) 普通 口座 番号0700771

 

名義「浦賀湊を世界文化遺産にする会」宛

 

「浦賀湊を世界文化遺産にする会」のサイト

西墨比貿易之地碑

Monument of Trade between SpainMexicoManila

Monumento de Comercio entre EspañaMéxicoManila

慶長3(1598)、徳川家康はスペイン(西)領メキシコ()から新製錬技術を導入するため、マニラ()からアカプルコへ向かうスペイン商船が浦賀に寄港するよう交渉した。そのため慶長5年、英人ウイリアム・アダムス(三浦按針)を顧問とし、江戸邸のほか逸見村と浦賀邸を与えた。三浦按針はマニラにも渡海し尽力している。江戸・浦賀・静岡・伏見・大坂にはフランシスコ会修道院が建立され、浦賀洲崎にはスペイン人を保護する高札が立てられた。この浦賀貿易を管轄していたのが船奉行向井忠勝である。フィリピン総督ドン・ロドリコやメキシコ大使ビスカイノが来航し、三浦按針が造船したブエナ・ベントゥーラ号はドン・ロドリコの帰国のために提供され浦賀を出帆し、幕府船として初めて太平洋航路横断を果した。伊達政宗の遣欧船サン・ファン・バウティスタ号もメキシコ大使を乗せ入港している。三浦按針の母国との通商成立は来日から13年後で、この3か月後の慶長1812月、全国に禁教令が出され、元和2(1616)貿易港は長崎・平戸に限定され、三浦按針は平戸への移住を余儀なくされ、東国唯一の国際貿易港浦賀の生命は終えた。

碑文 瑞宝単光章  鈴木かほる

201811月吉日 建之

()石平石材店

建碑賛同人代表 岩淵聡文 東京海洋大学大学院教授

    東叶神社氏子会

  浦賀観光協会

浦賀を世界遺産へ 石碑建立

「浦賀港」世界遺産目指し記念碑を建立へ

読売新聞 横須賀・横浜・川崎版 20180912日付 

        航海時代の貿易ルート中継地

 

スペイン、メキシコ、フィリピンが国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に申請し、世界文化遺産候補となっている大航海時代の貿易ルート「マニラ・ガレオン船の太平洋航路」に、中継地として栄えた浦賀港(横須賀市)もリスト入りさせようと、地元住民が今月、「浦賀湊を世界文化遺産にする会」を設立した。記念の石碑を設置し、講演会やイベントも開催、国際貿易港だった浦賀港を内外にアピールする計画だ。

 

 同会のメンバーは、藤本美智子さん(74)(同市西浦賀)ら7人。藤本さんは今年2月、同市在住の歴史研究家鈴木かほるさんが、浦賀港を世界文化遺産にしようと国際会議で論文発表などをしていることを本紙記事で知り、その活動に共感。同級生の宮井新一さん(73)らを誘って同会を設立した。

 

 手始めに、同港近くの東叶神社に、スペインなど3か国との交流を示す「西墨比貿易之地碑」と刻んだ石碑を設置する。高さ1メートル89の御影石製で碑文は鈴木さんが考えた。11月末に披露する予定で、費用(150万円)の一部を寄付してくれる賛同者を募っている。

 

 藤本さんらは「江戸幕府のキリスト教に対する禁教令や鎖国政策により、わずか13年で歴史から消えた国際貿易港としての史実を内外に示し、世界文化遺産のリスト入りにつなげたい」と話している。同会への問い合わせは、宮井さん(046・841・0944)。

 

 

 

 

「浦賀湊を世界文化遺産にする会」

 横須賀エフエム放送版横須賀横須賀エフタウンニュース│神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙エム放送版横横横横須賀販賀エフエ

「浦賀」世界遺産登録願い     2018/9/21 横須賀版

石碑設置で周知、寄付募る 江戸時代初期に国際貿易港として栄えた浦賀をユネスコ世界文化遺産候補のリストに加えようと、地元住民らが活動をスタートさせた。スペイン、メキシコ、フィリピンの3カ国による「マニラ・ガレオン船の太平洋航路」がユネスコ世界文化遺産候補になっていることから、同地の登録をめざす。往時、スペイン商船が浦賀湊を貿易ルートの中継地としており、史実の証となる碑を建立して、国内外にアピールしていく。建碑のための寄付を呼び掛けている宮井新一さん(左)と藤本美智子さん

       建碑のための寄付を呼び掛けている宮井新一さん(左)と藤本美智子さん

江戸初期の国際貿易港
 
 「浦賀をユネスコ世界文化遺産に!」を掲げ、国際貿易港だった史実を伝える建碑を計画しているのが「浦賀湊を世界文化遺産にする会」。学会で論文発表を行うなど、世界遺産登録をめざして独自に活動していた桜が丘在住の歴史研究家、鈴木かほるさんの姿に郷土史研究家の宮井新一さんらが共鳴。同会を立ち上げた。最初の取り組みとして、スペイン貿易における浦賀の位置づけを周知する石碑を建てる。予定地は浦賀湾近くの東叶神社境内。11月末に披露する予定で、150万円の費用は賛同者の寄付で賄う。

同会では、スペイン商船の浦賀湊への入港交渉にイギリス人の三浦按針が外交顧問として大きな役割を果たしていたことにも注目。浦賀にフランシスコ会修道院が存在し、スペイン商人を保護する高札が建てられ、国際色豊かな町であったことなども伝える。
 
 寄付は10月15日(月)まで受付。1口3千円で10口以上は刻銘される。詳細は宮井さん【電話】046・841・0944
 
【振込先】ゆうちょ銀行098 普通 口座 番号0700771 名義「浦賀湊を世界文化遺産にする会」

須賀版横須賀版2018年9月21日 金曜日 2018年9月21日 金曜日

香港における国際会議「家康と浦賀スペイン外交・三浦按針」

「第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議」が香港海事博物館において開催されました。

 平成29年1127日から12月1日まで「第3回アジア太平洋地域水中文化遺産会議」香港海事博物館において開催され、海の歴史と文化についての広範囲なトピックが議論された。この国際会議は世界ユネスコなどの後援を受けたアジア地域では最大級の学術大会である。

 このたび、学者たちの活動によりマニラー浦賀―アカプルコのガレオン船航路が世界ユネスコ遺産にノミネートのリストに載せられ、日本からは日本海事史学会の鈴木かほる氏(平成28年秋に瑞宝単光章受賞・横須賀市在住)が「マニラとアカプルコの間の浦賀」というテーマで参加している。日本の貿易港はイギリス・オランダの平戸、ポルトガルの長崎は知られているが、関東浦賀が国際貿易港として世界にその名を轟かせていたという歴史的事実は、周知されておらず、今でも教科書にも記述されず、したがって国際的にも浦賀を中心としたスペイン人宣教師のキリスト教施設の歴史的存在の視点は全く欠けている。

  今回の発表内容は、徳川家康がメキシコの画期的な金銀製錬技術を導入するため、スペイン領マニラのガレオン船を関東浦賀に招致し、そのため三浦按針(ウイリアム・アダムス)が顧問として重用されたことである。浦賀はガレオン船航路の中継点として日本を「鎖国」へと導いた重要な歴史であり、今回の発表により、浦賀が国際貿易港として世界に認知されることになる。

Img112





 

 

2017年 安倍晋三総理が主催する桜を見る会に御招待

2017年4月15日 安倍首相が主催する桜を見る会に御招待されました。

招待された方は、皇族や各国の大使のほか、各省庁から推薦を受けた人たちとのこと。多くは国際、国内の活動で功績のあった人たちで、芸能人などは政府が推薦するという。全国から1万6千名がご招待され、私はその中の一人です。和歌山県からご参加された方がいらっしゃって、昨日、東京で1泊したそうです。

Photo_3


会場には串団子・たい焼き、焼き鳥・チマキなどのブースが設けられ、お弁当・甘味などが配られました。9時に、安倍首相から「辛苦に耐えて5年…」というご挨拶があり、新宿御苑内を回り、ご挨拶されました。

会が開かれる午前8時半から10時半まで一般客の入場は禁止され、招待客がゆっくり散策すができました。

2016年秋の叙勲に際し、鈴木かほる氏の受章祝賀会ご案内

 平成28年秋の叙勲に際し瑞宝単光章を受章し、11月9日伝達式と天皇拝謁、12月5日横須賀市長に表敬訪問をして参りましたhttp://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0220/mayor/action/index.html よって、この度、懇親の皆様より下記の通り祝賀会を開催して頂くことになりました。

 

2

 

木かほる氏の瑞宝単光章受章祝賀会ご案内

 

謹啓新春の候 皆様には益々ご清栄の事とお喜び申し上げます さて このたび平成二十八年秋の叙勲に際し鈴木かほる氏におかれましては 永年に亘り民事調停委員として顕著な功績が認められ瑞宝単光章受章の栄誉に浴されました 誠に名誉なことであり ご本人並びにご家族はもとより 私たち関係者一同にとりましても同慶の至りに存じます 

就きましては 一同相図らいまして鈴木かほる氏の栄誉を慶祝するとともに 平素ご懇親の皆様方並びに関係者が一堂に会しまして 左記のとおり受章祝賀会を開催する運びとなりました ご多用                     中 誠に恐縮に存じますが 万障お繰り合わせの上ご臨席を賜りたくご案内申し上げます

                                   謹 白

平成二十九年一月吉日 

 

           記

 

一 日時 平成二十九年二月十二日() 受付十二時

開宴十二時三〇分

一 場所 よこすか平安閣 六階 セレーネの間(着席)

一 会費 壱 万 円・当日受付させて頂きます

 

発起人代表 飯塚進一郎 横須賀民事調停協会会長

  発起人  吉田 雄人  横須賀市長 

  発起人  安達 裕之  東京大学名誉教授

  発起人  小和田哲男 静岡大学名誉教授

発起人  岩淵 聡文  東京海洋大学大学院教授

  発起人  和田  宏   NHKグローバルメディアサービス専門委員

  発起人  上杉 孝良  前横須賀市文化財専門審議会委員長

  発起人  鈴木 立也 横須賀市社会福祉協議会副会長

  発起人  杉本 幸三 横須賀Cアカデミー代表

 

※平服にてご来臨の程 お願い申し上げます 

 なお当日は 受章者の著書を進呈させて頂きますので 同封のはがきに ご希望の著書名に○印を付けて返信下さるよう お願い申し上げます

 

江戸東京博物館友の会 会報94号 平成28年11

江戸東京博物館友の会会報『えど友』平成2811月 第94

 

168回 江戸東京博物館友の会セミナー(平成28年⒐月10

 

 演題「徳川水軍と向井将監」

 

講師 鈴木かほるさん(三浦一族研究会特別研究員)

 

向井氏について

 向井水軍というより向井将監といったほうが通りがいいでしょう。向井氏は伊勢から東国へ移住した海上軍事官僚であり、徳川幕府滅亡まで船手頭の筆頭の地位を保持しました。向井氏は源順義の流れをくむ仁木義長四子長宗が、伊賀国向庄を給され「向」を称したことが始まりとされます。向庄は伊勢国と伊賀国の国境に位置し、太閤検地で伊勢国に編入されるまでは、伊賀国と認識されていました。

「向井」と書かれたのは、正重の子政綱に宛てた武田勝頼朱印状に「向井兵庫助」とあるのが初見です。正重のとき伊勢から駿河へ移住し、今川氏や武田氏に仕えました。徳川家康に仕えたのは政綱からで、将監を号したのはその子忠勝です。以後、将監は向井宗家の称号として幕府滅亡まで世襲されます。 

 

船手頭の創設と御預け体制へ

 

 中世の水軍はほぼ「海賊衆」と呼ばれましたが、秀吉が天下統一する過程において「船手」の呼称が踏襲され、全国化していったようです。中世の軍制は、大名直轄の「寄親(有力武士)と、寄親に附属する「寄子」(与力・同心)という主従関係で成り立っていました。家康は、この寄親・寄子を大名から切り離し、徳川政権の新しい職制「御預け体制」の中に、「船手頭」と「船手組」(与力・同心)を組み込み、徳川氏の軍船と船手組を船手頭に預け、指揮する権限のみを与えたのです。つまり、船手頭は、軍船を所有しなくても、寄子を抱えなくても、海上活動が可能となったのです。

 

国際貿易を意識した城下町と海運の整備

 

 家康の関東移封が発表されたのは天正18(1590) 713日ですが、その10日前、家康は江戸の下検分を済ませています。小田原攻めの先陣を務める代わりに、源氏所縁の地・関東を所望したようです。松平から徳川へ、さらに源氏へ改称したのも、天下統一を見据える彼にとって、源氏の血統であることが必須条件であると考えていたからです。

八月朔日に「江戸御打入り」したのは、豊作を祝う「八朔祝賀」の日を意識したからです。これは領民支配を根本とする家康の「農根思想」、つまり農民を味方にする方策を反映したものです。 

家康の江戸開発は、海外貿易を視野に入れた城下町の建設と、港湾体制の整備でした。当時の江戸はいかにも粗相でしたが、だからこそ、思いのままの町造りや大改造が可能なのです。譜代家臣に土木工事をさせ、京都から茶屋四郎次郎らの政商を呼び寄せ、町割に関与させ、武士では成し得ない町造りをさせました。

そして、城下を輪番で警護させるため、旗本屋敷は一泊で通勤できる範囲に置き、特に船手衆の役宅は海上からの襲撃に備えるため、城下の河口附近へ置かれました。船手衆の本拠地は、江戸内海の入り口にあたる三浦郡三崎には四人衆を、上総富津には三人衆を置いて警護させました。この船手七人衆に対し、陸上の民政支配を掌る行政官が伊奈忠次や大久保長安ら四人の代官頭です。

家康が江戸を本拠としたのは、鎌倉にも小田原にもない、天然の良港浦賀があったからだと思います。家康は秀吉が逝去すると、百日忌も経ぬうち、潜伏していたスペイン人宣教師を招き、スペイン商船を浦賀へ寄港させるよう交渉しています。目的は、太平洋の荒波に絶える大型帆船の造船技師と、画期的な金銀製錬の新技術を導入することにありました。徳川政権を全国に展開していくためには、とりわけ金銀の増産が必須であります。浦賀湊にスペイン船を寄港させ、長崎・平戸に並ぶ東国一の国際貿易港とする構想があったと考えます。江戸内海に徳川水軍を置いたのも、スペイン貿易のためでもあったのです。

 

向井将監と三浦按針

 

 浦賀貿易の統括者としてスペイン貿易に関わっていたのは、向井政綱・忠勝親子です。三浦按針はその通訳として行動を共にすることが多々ありました。家康が按針を重用したのは、英蘭貿易ではなくスペイン貿易のためであり、そのため江戸邸のほか、逸見の采地と浦賀邸が与えられたのです。でなければ、ヤン・ヨーステンのように江戸邸のみを与えれば良いはずです。

スペインのようなカトリック教国は、商売と布教が一体化した理念を持つ国ですから、家康は通商をしたいがために布教を黙認し、江戸には天主堂を、浦賀には修道院の建立を許可しましたが、信者の増加を危惧して禁教令を発布し、さらに貿易港を長崎・平戸のみに制限しました。こうして、目的が達せられないまま、わずか10数年で終焉を迎えましたが、浦賀は国際貿易港として賑わい、欧州にその名を轟かせていたのです。

 

レポーターからひとこと

 ペリ-が来たことぐらいしか知りませんでしたが、浦賀の秘めた歴史を知る事が出来ました。 

 参加者000

 【記録】文:広報部会・光田憲雄

 写真:同・菊池真一

 

日本海事史学会 例会 報告

日本海事史学会 例会のご案内

時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、今度、講師に 鈴木かほる氏 をお迎えして、下記の如く例会を開催したしますので、ふるってご参加ください。開場は午後2時です。

                    記

  演題: 三浦氏滅亡に関する定説への疑問ー摂関九条家と三浦義村

  講師 鈴木かほる氏 (会員) 

  日時 2016年11月23日 午後2時~4時  

場所 東京大学教養学部 駒場ファカルティハウス セミナー室(京王井の頭線 駒場東大前駅下車、場所は、正門の警備員にお聞き下さい)

 終了後、駒場の「英香」(☎03-3467-8221)で、懇親会を行いますのでご参加ください。

〒187-0021  東京都小平市上水南町4-9-14 安達気付 日本海事史学会 ☎042-327-9676

日本海事史学会 例会の御案内

 
          日本海事史学会例会 ご案内  
 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、今度、講師に 鈴木かほる氏 をお迎えして、下記のごとく例会を開催いたしますので、ふるってご参加下さい。開場は午後2時です。
            記
演題::三浦氏滅亡に関する定説への疑問ー摂関九条家と三浦義村
講師::鈴木かほる氏 (会員)
日時::2016年11月12日  午後2時10分~4時
場所::東京大学教養学部 駒場ファカルティハウスセミナー室(京王井の頭線 駒場東大前駅下車、場所は正門の警備員にお聞きください)
終了後、駒場の「英香」(℡03-3467-8221)で懇親会を行いますので、ご参加ください。
゜例会の開催予定は下記の通りです。
   12月17日 (土 14時00~16時00)
   1 月21日 (土 14時00~16時00)
   3 月11日 (土 14時00~16時00)
〒187-0021 東京都小平市上水南町4-9-14 安達気付 日本海事史学会 ℡042-327-9676
 

より以前の記事一覧