カテゴリー「映画・テレビ」の記事

歴史秘話ヒストリア 家康 大航海時代に出会う!イギリスの侍 按針の大冒険

  鈴木かほる著『徳川家康とスペイン外交ー三浦按針と向井将監ー』をもとに「徳川家康が按針を重用したのは、英蘭貿易のためではなく、スペイから新しい鉱山技術アマルガム法の鉱山技師を招聘するためである、という新説を取り入れ番組を作成したものです。主な内容は下記のとおりです(2018年4月18日本放送・歴史秘話ヒストリアのHPより)

家康が按針に与えた領地は現在の神奈川県横須賀市の逸見。今でも按針の暮らしぶりが語り継がれている。按針の屋敷は村の中心にある浄土寺の南側にあった。按針は日本人女性と結婚しジョセフとスザンナが生まれた。地元の人々にワインやパンの作り方を教えるなど、親しく触れ合った。逸見の人々は按針を慕っていたという。

 

按針が日本に来て4年、家康は按針をスペインとの貿易交渉に当たらせた。その頃スペイン船は九州までしか来なかった。家康は江戸近くまで呼び寄せようと考え、按針が浦賀にスペイン船を案内し、浦賀は毎年スペイン船が来航する国際貿易港になった。家康はスペインの総督に銀山で働く者を遣わして欲しいと頼んだ。新潟県の佐渡には家康が開発した金銀山があった。ところが家康の時代は佐渡は大量の木炭を使うために莫大な経費がかかっていた。

 

スペインが開発した銀山では鉛の代わりに水銀を使い、アマルガム法を取り入れていた。家康はスペイン総督に最新のアマルガム法を教えて欲しいとお願いしたが、スペインの宣教師は見返りに日本での布教と利益の半分をスペインの国王へ寄越せと交渉。家康はそれに承諾し、翌年スペインの使節が来日。家康と会見し家康に洋時計が贈られた。返書の翻訳を呼んだ家康は激怒。技術者のことは先送りにされ、沿岸の測量を要求され家康は承諾し按針は不審に思った。その思惑は当たっており、スペインは日本を植民地にしようとしていた。按針は家康に警告し、交渉の打ち切りをした。

NHK総合ファミリーヒストリー 

ファミリーヒストリー/樹木希林〜女が土台 受け継がれる覚悟〜
英国人・三浦按針は本当に先祖なのか?

希林さんの父親・辰治の旧姓は三浦。その三浦家を探る。三浦家は代々、東京・足立区で青果問屋を営んできた。青果問屋の名前は葛西屋といった。希林さんのはとこである中嶋喜文さんは、「三浦按針は白人で、中嶋の家系はみんな色が白く背も高い」などと話した。ウィリアム・アダムスは徳川家康から現在の三浦半島の領地をもらい、それ以来三浦按針を名乗った。歴史研究家の鈴木かほるさんは、「三浦按針は子どもが男女一人ずついる。その長子が二代目の三浦按針を継いでいるが、二代目の三浦按針は子が無くて家が途絶えたとされている」などと話した。(2016年6月9日放送)  

datazoo.jp/tv/ファミリーヒストリー/より

BSドキュメント「恋女房お龍 龍馬を語る」出演

BSフジ  ドキュメント 2010年9月20日(月) 23時30分~24時15分

番組名「恋女房おりょう 龍馬を語る」

幕末のヒーローとして注目される坂本龍馬。『史料が語る坂本龍馬の妻お龍』の著者鈴木かほるさんがコメントを寄せています。龍馬の魅力はこれまで数多くの小説や映画で語られてきました。しかし龍馬の妻おりょうの存在、そして彼女が晩年、龍馬との愛の日々を語った事実はあまり知られていません。番組では女優・富田靖子さんがゆかりの地の京都・下関・横須賀を旅しながら、おりょうの言葉を朗読。騒然とした時代を大胆に駆け抜けた龍馬と妻のおりょうの人生を、詩的に描いたヒューマン・ドキュメンタリー、鈴木かほる出演。

NHK,「爆笑問題のもう一つの龍馬伝」

NHK番組「爆笑問題のもう一つの龍馬伝」 2009年12月30日(水)の番組 【制作】NHK

【出演】田中裕二(爆笑問題)、太田光(爆笑問題)、竹中直人(ナレーター)、眞鍋かをり、美甘子、野村克也、福山雅治、江原正士
爆笑問題が、2010年大河ドラマ「龍馬伝」の主人公である坂本龍馬の素顔に迫る。
【声の出演】竹中直人【出演】太田光(爆笑問題)、田中裕二(爆笑問題)、眞鍋かをり坂本龍馬の素顔・2

【人物】坂本龍馬、武田鉄矢、長嶋茂雄氏、明智光秀、ラモス瑠偉、笑福亭鶴瓶、坂本乙女、美空ひばり、野村沙知代氏、大田光代氏、楢崎龍、トムハンクス、エディマーフィー、吉田敬(ブラックマヨネーズ)
【ゲスト】美甘子、野村克也氏、福山雅治、宮川禎一氏(京都国立博物館・学芸員)、渡辺瑠海氏、鈴木松美氏(日本音響研究所・所長)、古城春樹氏(下関市長府博物館・学芸員)、栄由利氏(栄流2代目家元)、橋尾直和氏(高知女子大学・文化学部教授)、西岡長水氏、江原正士

【資料・協力】高知県立歴史民俗資料館、ひばりプロダクション、井桜直美氏、京都国立博物館、高知県立坂本龍馬記念館、下関市長府博物館、信楽寺、鈴木かほる氏、アフロ、便利堂、モーションポートレート

神奈川テレビ番組「浦賀は国際貿易港であった」(鈴木かほる出演)

「読売新聞」平成8年 2月付

゛浦賀の歴史に光゛    横須賀市 広報ビデオを制作

 幕末にペリーが来航したことで知られる横須賀市浦賀地区。その知られざる姿を紹介する広報ビデオ「浦賀は国際貿易港だった」(30分)を、同市が制作、11日から貸し出しする。
 
ビデオは、徳川家康によって国際貿易港としてクローズアップされながら、2代将軍秀忠のキリシタン弾圧と貿易制限令により、貿易港としての命を発った「裏が」の江戸初期の歴史にスポットをあてている。
 
従来、横須賀の歴史は、鎌倉時代の三浦一族の後は、江戸幕末のペリー来航に一足飛びに飛んで語られることが多いが、ビデオは、歴史の空白を僅かながら埋める内容となっている。
 
家康がウイリアム・アダムス(三浦按針)にスペイン商船の誘致交渉をさせた史実や、スペイン船が貿易と布教のために来航した痕跡探しなどが映像と解説で紹介されている。これまで知られなかった浦賀地区の歴史の再発見や謎解きが楽しめそう。
 
作品の進行役は、五月鯉生の芸名を持つ素人講談師の惣田和明・同市教委社会体育係長。地元の郷土史家鈴木かほるさん(50) や、寺院の住職、古老らも登場し   、検証した史実や言い伝えなどを話している。
   
問い合わせは、同市広報広聴課(☎0468-22-4000)へ。

-------------------------------------------------------

 「浦賀は国際貿易港だった」 の広報ビデオは、横須賀市の特別番組として、1996年2月28日 午前11時~11時30分 TVK 神奈川テレビで放送された。
   
番組表「横須賀市特番」<解説>江戸時代の終わり、ペリーが率いる四隻の黒船が来航した浦賀。当時は、深い入り江に沿って回船問屋などが軒を連ね、相模の国では小田原と並ぶ賑わいをみせていたという。
 絵画や彫刻など、数々の優れた作品を生み出している。町に残る江戸時代の美の世界を、郷土史家鈴木かほるが案内する。(神奈川新聞 テレビ番組情報)